• ホーム
  • 低用量ピルの種類と服用方法

低用量ピルの種類と服用方法

心配している女性

経口避妊薬には様々な種類がありますが、今日では単に経口避妊薬というと低用量ピルを指して言うことが多いです。
今日、世界中ではたくさんの低用量ピルの製品が販売されており、それゆえに分類の仕方にもいくつかの種類があります。
例えば、1つのシートに封入されている錠剤の数で分類した場合、低用量ピルは21錠入りのものと28錠入りのものに分けることができます。
経口避妊薬を処方している婦人科では、21錠タイプと28錠タイプがある製品については、処方時にどちらも選択できるようにしている所がほとんどです。

21錠タイプの低用量ピルと28錠タイプの低用量ピルの違いは、錠剤の構成と服用方法です。
21錠タイプのものはシートに封入されている錠剤すべてが実薬となっており、月経初日からの21日間は毎日1錠ずつ服用し、22日目から28日目までの7日間は休薬をします。
ここまでが1周期で、避妊を継続する場合は休薬期間があけたら新しいシートを取り出します。
近年つくられている製品の多くはシートに番号が印字されており、順番通りに服用すれば安全に避妊をすることができるようになっています。

一方、28錠タイプの低用量ピルは21錠の実薬と7錠の偽薬で構成されており、月経初日に飲み始めた後は毎日1錠ずつ服用していけば、28日目には1シート分がすべてなくなって次の周期に入ることができます。
21錠タイプでは休薬期間があけた後に飲み忘れが生じるおそれがありますが、28錠タイプだと服用方法や飲み忘れのリスクを意識せずに服用し続けることができます。

2種類の低用量ピルには上記のような違いがありますが、服用によって得られる効果は全く一緒なので、どちらを選ぶかは使用者の好みに応じて決められます。
もし、低用量ピルを飲み忘れてしまうのが不安であれば28錠入りのものを購入し、まったく効果が無い偽薬を飲み続けることに抵抗があるなら21錠入りのものを手に入れると良いでしょう。

経口避妊薬を使用するときの注意点

経口避妊薬を使用して避妊を試みるときに、まず注意したいことは服用のタイミングです。
経口避妊薬はできるだけ毎日同じ時間に服用できるようにしておきましょう。
これは、飲むタイミングが1日の中でバラバラだと効果の出方にばらつきが生じてしまい、十分な避妊効果を得られなくなる可能性があり、飲み忘れも招きやすくなるためです。
寝る前や朝食の後など、実行にうつす時間が決まっている行動の前後を服用するタイミングに設定すると、自然と毎日同じ時間に飲む形になるのでおすすめです。

飲み忘れは当然起こさないようにすることが一番重要ですが、万が一飲み忘れてしまったときの対処法を覚えておくこともまた重要です。
もし飲み忘れてしまったのに気がついたとき、本来服用するタイミングから24時間が経過していないのであればすみやかにピルを1錠服用し、次回から再びスケジュール通りに飲めば避妊効果は維持されます。
本当に維持されるかどうかが不安なのであれば、数日程度は別の避妊方法と併用すると良いでしょう。

一方、本来飲むべきタイミングから24時間を超えた段階で飲み忘れに気がついた場合は対処法が変わってきます。
まず、気がついた段階で飲み忘れた分と予定通りに服用する分を一緒に服用します。
その後、飲み忘れが生じた日が服用周期の14日目までだった場合は、服用後1週間以上は性行為をする際に他の避妊方法と併用するようにし、15日目以降だった場合は残りの錠剤を飲みきった翌日から休薬期間を入れずに次のシートの服用を始めます。
もし、この方法がうまくいくかどうかに疑問を感じているのであれば、現在使用しているシートの使用はやめて、次の生理が来た日から経口避妊薬の服用を再開すると良いです。

関連記事
トリキュラーとはどのようなピル? 2020年01月07日

トリキュラーは低用量ピルの一種であり、卵胞ホルモンと同じ作用のあるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンと同じ作用のあるレボノルゲストレルが主成分となっています。女性の体は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が常に変化するということです。しかし、トリキュラーを服用することでホルモンバランスを一定にキープで...

ピルを使用した時の副作用は? 2019年11月30日

避妊を目的として、また月経異常など諸症状への対策として、ピルの服用を考えている方も多いかと思います。しかし、飲んでいる人が多い薬であるとはいえ、初めて飲む時には不安を覚えることもあります。そこで今回は、服用前に最も気になるポイントである副作用についてお話します。一般にピルと呼ばれているのは、低用量ピ...

ピルを飲むと太るって本当? 2019年11月13日

女性が男性に頼らずとも完璧な避妊対策ができる、生理期間を快適に過ごせるようになるなど、現代女性にとっては喜ばしい効能がたくさんある低用量ピルですが、ピルを服用することによる厄介な副作用の一つで太るという問題が起こることは、広く知られた事実です。良いことづくめのピルではありますが、やはり太ってしまうこ...

ピルを使う時の方法と効果 2019年10月30日

ピルというと、ホルモンを調整する避妊薬として、女性なら誰しもが知っている薬といえるでしょう。ピルには、避妊と避妊以外の効果である副効用の2つの目的があり、全世界で1億人以上の女性が服用している薬です。特に若い女性では、旅行などのスケジュールに生理期間が合わないように調整するために使用する方もいます。...