• ホーム
  • ピル以外の避妊の方法の種類

ピル以外の避妊の方法の種類

成功率の高い避妊方法といえばピルが最もポピュラーでしょう。
女性ホルモンが配合されたピルを毎日飲み、排卵を抑制します。
女性主導で行うことができ、月経が規則的になったり生理痛が軽くなるなどのメリットもありますが、飲み忘れると効果がなくなったり、太りやすくなるという副作用があるため敬遠する人もいるようです。

ピル以外の避妊方法としては、コンドームやリズム法、避妊手術があります。
コンドームは、男性器にかぶせる薄いゴムの袋で、かぶせることにより物理的に精子の侵入を防ぎます。
ドラッグストアや薬局で簡単に購入できるため、最も一般的に使用されている避妊法です。
性感染症も防げるのがメリットですが、破損や装着ミスによって失敗する確率もあるため確実な避妊法でないのがデメリットです。
また男性が協力的でないと行えません。

リズム法は毎日の基礎体温を測り排卵日を予測し、排卵日前後に性交渉を行わないという避妊法です。
女性の基礎体温は排卵日を境に低温期から高温期に移行するため、排卵のリズムを知ることができます。
必要なものは婦人体温計のみなので、お金をかけずにできるというメリットがありますが、毎日基礎体温を測るのは面倒なうえ、体調の変化に左右されやすく確実に排卵日の予想がしにくいのがデメリットです。
リズム法だけで避妊を行うのは危険なので、コンドームなど他の方法と合わせて行うのが賢明です。

避妊手術は、女性の場合は卵管を、男性の場合は精管を糸で結び精子が通れなくする手術です。
ほぼ確実に避妊できる方法ですが、手術が必要となります。
また、後に妊娠したくなっても生殖機能を回復させるのが難しいというデメリットがあります。

膣外射精やビデを使った洗浄などを避妊法と勘違いしている人もいるようですが、不確実で間違った方法です。
膣外射精は分泌液に精子が混じっていて子宮に達したり、洗浄法では洗浄する頃には精子は子宮に向かって進んでいるため、実践するのは避けましょう。

避妊したいならリングもおすすめ

避妊の確率が高い方法としてはペッサリーもあります。
ペッサリーとは膣の中にリング状のゴムの蓋を挿入し、精子を子宮に侵入させないようにする方法です。
殺精子剤を塗ったペッサリーを性交前に膣の中に挿入し、射精後8時間経ってから取り出します。
避妊率が高いのがメリットですが、着け心地は人によって様々となり違和感を感じることがあるのがデメリットです。
自分で挿入することに抵抗を感じる人もいるようです。

ペッサリーを違和感なく装着するためには自分に合ったサイズのリングを選ぶことが大切で、まずは小さいサイズのものから始め、だんだんサイズの大きなものに変えていくのがよいでしょう。

その他に避妊の確率が高い方法としては、ミレーナがあります。
子宮の中に小さなプラスチック製の器具を挿入し、子宮内で黄体ホルモンを継続的に放出させる方法で、子宮内膜の増殖を抑え精子が子宮に着床するのを防ぐ働きをします。
また、子宮の入り口の粘液を変化させ精子が子宮内に侵入するのを防げるため、避妊効果が高まるというメカニズムです。

女性主体で避妊ができるうえ、ピルのように飲み忘れの心配がないのがメリットで、一度装着すると5年という長い期間効果が持続するという利点もあります。
しかし、人によっては挿入してから数か月は不正出血が続くことがあるのが、デメリットにあげられるでしょう。
不正出血は時間と共に改善し、最終的にはなくなるのが一般的です。
また、ミレーナの装着・除去は自分で行えないため、産婦人科で施術を受ける必要があります。

このように避妊方法には色々な種類があるので、パートナーと相談しながらライフスタイルに合わせた方法を選ぶのが良いでしょう。

関連記事
通販で購入することができるピルの種類 2020年03月26日

日本ではピルが欲しいと思ったら婦人科へ行って診察料を支払って医師に処方してもらわないといけません。しかし、忙しかったり近所に婦人科がないと難しいでしょう。お金もかかってしまいます。実は通販でいろいろな種類のピルを購入することができます。通販と言っても個人輸入代行サイトのことで、通販サイトと同じように...

緊急時に使うアフターピルとは 2020年02月18日

パートナーと盛り上がって避妊しないでセックスしてしまったなんて緊急時にはアフターピルがあると安心です。せっかく装着したコンドームが破けてしまったような時も使うことができます。服用が早いと8割以上の成功率になります。性行為後72時間以内に服用するのが効果的です。薬の種類によっては最初の服用後12時間で...

低用量ピルの種類と服用方法 2019年12月20日

経口避妊薬には様々な種類がありますが、今日では単に経口避妊薬というと低用量ピルを指して言うことが多いです。今日、世界中ではたくさんの低用量ピルの製品が販売されており、それゆえに分類の仕方にもいくつかの種類があります。例えば、1つのシートに封入されている錠剤の数で分類した場合、低用量ピルは21錠入りの...

ピルを購入するときの費用相場 2020年01月23日

ピルを購入しようと考えているのであれば、どのような点に注意したらいいのでしょうか。そのポイントの1つに、費用相場を確認するという点があげられます。実際に販売している値段というのは、購入する場所で違いがあります。少しでもお得に購入したいという場合であれば、費用相場を確認することが必要不可欠です。ピルの...

トリキュラーとはどのようなピル? 2020年01月07日

トリキュラーは低用量ピルの一種であり、卵胞ホルモンと同じ作用のあるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンと同じ作用のあるレボノルゲストレルが主成分となっています。女性の体は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が常に変化するということです。しかし、トリキュラーを服用することでホルモンバランスを一定にキープで...